日本食研の品質

お客様に喜んでいただける商品づくりを実現するために、日本食研では、常にお客様目線での食品安全の確保と品質向上への取り組みを行っております。お客様から寄せられたご意見・ご提案をすぐに各現場に反映するQAP(クオリティ・アクション・プログラム)を実行し、業務改善や新技術の開発へ活かしています。商品の企画から始まり、原材料選定や製造、販売に至るまで、一貫したお客様目線での取り組みで、さらなる品質の向上に努めてまいります。

日本食研のQAP

日本食研の商品づくり

商品企画

商品企画

お客様から寄せられるご意見・ご要望などを踏まえ、お客様の不満や不安を解消し、より満足いただける商品の企画を行います。解決型の商品づくりで、食シーンを豊かに彩ります。

商品開発・設計

商品開発・設計

開発部門・生産部門・営業部門が連携して、商品開発を行います。独自のブレンド技術で新しいおいしさを生み出し、いち早くその味をお客様にお届けするためにライン設計や包装資材の規格などを検討し、スピーディーに商品化を行います。

原料受け入れ検査

原料受け入れ検査

原料選定時に製造元の監査を行い、受入時の危害を分析した上で、検査項目を設定します。原料は、 製造単位(ロット)ごとに理化学検査、微生物検査などの検査を受け、それをパスしたものだけが工場で 使用されます。

製造工程での品質管理

製造工程での品質管理

包装後の異物検出装置は、商品の異物除去対策の妥当性を確認するとともに、異物が混入した際の最後の砦として働いています。万が一異物が発見された場合は、前工程に戻り原因を追究する体制を整えています。

製品検査

製品検査

出来上がった製品は、基準サンプルと比較されます。 味、色、粘度、手触りなど人の感覚で、基準から逸脱 していないかを判断します。さらに、理化学機器によりデータを測定し規格内のものが商品として出荷されます。

製品管理

製品管理

生産された商品は自動倉庫で管理されます。コンピューターで正確な賞味期限管理を行い、高品質を維持する保管体制を構築しています。

出荷

出荷

お客様に新しい商品がお届けできるよう、独自の厳しい出荷期限管理を行っています。また、運送会社の選定にも独自の基準を設け、安全・安心な運送会社に配送を委託しています。

販売

販売

商品を販売する際、使用方法の説明やメニュー提案を行い、その商品の品質や価値を最大限に活かすための営業活動を展開しています。

お客様の声を品質向上に活かすために

お客様相談室

お客様相談室

お寄せいただいたお客様の声を、いち早く各部署にフィードバックするために、社内のイントラネットを活用して、情報発信をしています。

異物識別装置による分析

異物識別装置による分析

万一の場合、即座に原因を究明し、再発防止に繋げるために、様々な角度から分析を行っています。

製造現場でのアクション

製造現場でのアクション

日本食研の品質管理を担う品質保証部員は、常に3現主義(現地・現物・現実)に基づき行動し、品質向上を図っています。

放射性物質のモニタリング検査

放射性物質のモニタリング検査

お客様により安心していただくために、自社で、原料・製品の分析を必要に応じて実施しています。

外部認証について

2012年4月、国際的な食品安全マネジメントシステムの認証規格であるFSSC22000を国内全4工場で取得しました。また、自社ブランドの購買加工食品においても、FSSC22000で認証を受けた仕組みを用いて製造管理を行い、日本食研ブランド全体でHACCPに基づいた安全な商品の提供に注力しています。

自社国内全工場【KO宮殿工場、千葉工場、食品研究工場、ハム研究工場】FSSC22000:2010(2012年4月認証取得)

※2015年4月、自社国内全工場のFSSC22000認証登録を更新いたしました。(有効期限2015年4月〜2018年4月)

ページトップへ戻る