ニュースリリース

2015.03.17
日本食研ホールディングス株式会社
〒799-1582 愛媛県今治市富田新港1丁目3番地

日本食研グループ社内報『食研』
2014年度「経団連推薦社内報」にて”特別賞”を受賞!

  member.jpg

  日本食研ホールディングス株式会社(代表取締役社長:大沢 哲也)が制作している月刊社内報『食研』が、2014年度「経団連推薦社内報」の紙社内報部門(主催:一般社団法人経団連事業サービス社内広報センター)において、“特別賞”を受賞いたしました。

「食研」は『企画から制作まで自社制作で、アットホームで分かりやすい、「身近な社内報を目指す」編集方針が納得できる』という点が高く評価されました。  

  詳細は以下の通りです。

tokubetusyogaiyou.jpg                    

  2014年度の紙社内報部門の応募数は178作品で、最優秀賞1作品、優秀賞3作品、総合賞19作品、特別賞が6作品が選出されました。
当社では同審査の映像社内報部門において、自社制作している『NS plus』が2012年度に「総合賞」、2013年度に「特別賞」を受賞しておりますが、『食研』は今回が初の受賞となりました。

 

shokken.JPG

 

※食研(しょっけん)
1976年の創刊。拡大するグループの情報や成果を全社で共有する、社員の活躍やイベント・行事による企業風土を社員ご家族に伝えることを目的に、企画から制作まですべて自社で行っている。グループ社員のみならずそのご家族にも配布されているため、多くの社員を掲載し、アットホームで分かりやすさを重視した内容を多数掲載している。

 

 

【経団連推薦社内報とは】
経営に真に役立つ社内広報活動の推進と共に、製作者の日ごろの取り組みを評価、奨励することによって、社内報のレベルアップを図ることを目的に、1966年に創設された推薦・表彰制度で、雑誌・新聞部門、イントラネット部門、映像部門から構成されています。

 

以上

                                             

ページトップへ戻る