ニュースリリース

2014.03.18
日本食研ホールディングス株式会社
〒799-1582 愛媛県今治市富田新港1丁目3番地

日本食研映像社内報『NS plus』
2013年度「経団連推薦社内報」映像部門にて「特別賞」受賞!

 

20130801NSplus(ikujitoshigoto).jpg   このたび日本食研ホールディングス株式会社(代表取締役社長:大沢 哲也)が自社制作で配信している映像社内報『NS plus』が、一般社団法人経団連事業サービス社内広報センター主催の2013年度「経団連推薦社内報」の映像部門において、「特別賞」を受賞いたしました。弊社は昨年の「総合賞」に続き、2回目の受賞となりました。
   この表彰制度は、経営に真に役立つ社内広報活動の推進と共に、製作者の日ごろの取り組みを評価、奨励することによって、社内報のレベルアップを図ることを目的に、1966年に創設されたものです。
  詳細は以下の通りです。

 

 

■2013度「経団連推薦社内報」映像部門 特別賞                

受賞作品  NS plus(※)


表 彰 名   2013年度「経団連推薦社内報」映像部門 特別賞


受賞理由  今回の応募企画である「女性営業員の産休復帰」では、女性社員が仕事と育児の
              両立の模索の様子が具体的に描かれていて説得力がある。
                  社員のこの問題への意識の高さと、みんなで考えようという姿勢がよく伝わり、
                  問題提起型の社内報としてよくできた作品であることが評価された。


 なお、映像部門の応募数は35作品で、優秀賞1作品、総合賞3作品、特別賞は2作品が受賞となりました。

 

※NS plus(エヌエスプラス)
NSP.jpg
 社員の活躍や過去の取り組み・新たな取り組みを、映像によって分かりやすく伝えることにより、それを見た社員がその取り組みに誘発され、新たなイノベーションのきっかけとすること、また経営上の課題を提起することで課題解決の気づきやヒントを与えることを制作目的とし、2010年8月より毎月配信されている、社内ニュース番組です。キャスターや編集スタッフはすべて社員で、本社内にある撮影スタジオで撮影しています。

 

 

 

以上

 

ページトップへ戻る