ニュースリリース

2020.06.04

日本食研ホールディングス株式会社
〒799-1582 愛媛県今治市富田新港1丁目3番地

~日本食研第二の宮殿工場~
「シェーンブルン宮殿工場」新設・稼働のお知らせ

 日本食研ホールディングス株式会社(代表取締役社長:大沢哲也)は、2019年12月23日(月)、愛媛県今治市新都市(今治市クリエイティブヒルズ2番地1)に新工場として、「シェーンブルン宮殿工場」を竣工、去る3月26日(木)にオープニングセレモニーを開催し、5月7日(木)に本格稼働致しましたのでお知らせ致します。
同工場は、日本食研グループ最大規模の生産能力を保有し、主に同社の主力商品である液体ブレンド調味料・レトルト食品等を製造いたします。立地は、西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)「今治IC」から約1.3㎞に位置しており、物流面においても良好な環境が整っています。
最新鋭の新工場の稼働により、現在の食を取り巻く安心・安全への要望に柔軟かつ迅速に対応し、より高品質な商品を継続的に生産し、お客様にお届けできるよう取り組んでまいります。



■シェーンブルン宮殿工場 概要
<シェーンブルン宮殿工場外観>
オーストリアの首都ウィーンにある世界遺産「シェーンブルン宮殿」をモチーフとした工場。

写真上段:正面(南面)/写真下段:裏面(北面)

加工済み:正面(南側).jpg                

加工済み:裏面(北側).JPG

                                     
1.工 場 名  : 日本食研ホールディングス株式会社 シェーンブルン宮殿工場
2.所 在 地  : 〒794-8565 愛媛県今治市クリエイティブヒルズ2番地1
        TEL: 0898-77-1881 FAX: 0898-77-1891 
3.敷 地 面 積 : 52,491.30㎡(約15,879坪)
4.延 床 面 積 : 42,049.76㎡(約12,720坪)
5.建 築 面 積 : 11,477.84㎡(約03,472坪)
6.設計・建設 : 設計 / 株式会社 日建設計、 建設 / 大成建設 株式会社
7.構   造 : 鉄骨造(S造)一部SRC造 地上6階建て
8.着   工 : 2018年01月11日
9.竣    工 : 2019年12月23日
10.本 格 稼 働 : 2020年 5月 7日
11.生 産 品 目 : 液体ブレンド調味料(たれ・ソース)、レトルト食品(カレー・鍋スープ)等
12.生 産 能 力 : 最大50,000t/年
13.初 期 投 資 : 約250億円
14.従 業 員  : 約500名(グループ会社5社含む)
※日本食研KO宮殿工場同様、一般のお客様にもご見学いただけますが、見学予約の開始時期については社会情勢等、様々な状況を考慮しながら、追って弊社HPでご案内予定です。

工場棟
写真掲載順:見学通路/エレベーターホール/タンクヤード/自動倉庫

2040_2階見学者通路.JPG 2009_4階見学者通路.JPG タンクヤード.jpg SC自動倉庫.jpg 


事務所棟   
写真掲載順:受付・エントランスホール/会議室エリア/レストラン・大ホール/大ホール前通路(ホワイエ) 

2581_受付.JPG 会議室①.jpg _N2A2515-HDR.JPG ホワイエ.jpg



■シェーンブルン宮殿工場 オープニングセレモニー 概要 
1.日  程 : 2020年3月26日(木)午前8時45分~午前9時20分
2.場  所 : シェーンブルン宮殿工場 正面入り口前広場(愛媛県今治市クリエイティブヒルズ2番地1)
会長挨拶.jpg  会長だるま.jpg   
▲日本食研グループ15社 最高経営責任者(CEO)兼代表取締役会長 大沢一彦



<参考>
■日本食研第一の宮殿工場である『KO宮殿工場』概要
KO宮殿工場.jpg
日本食研KO宮殿工場は、ウィーンの「ベルヴェデーレ宮殿」をモチーフとして設計されました。
所 在 地 : 愛媛県今治市富田新港1丁目3番地
稼 働 日 : 2006年10月(創業35周年の記念として建設)
敷地面積 : 79,295㎡(約23,987坪)(※KO宮殿工場他、愛媛本社、ハム研究工場含む)
延床面積 : 27,281㎡(約08,253坪)
建築面積 : 9,047㎡(約02,737坪)
構  造 : 鉄骨造(S造) 地上5階建て
生産品目 : 液体・粉体ブレンド調味料
生産能力 : 44,700t/年
投資総額 : 85億円

以上

ページトップへ戻る