記事一覧

ギリギリの勝負

皆さん、こんばんは。
日本シリーズを昨日、今日とTV観戦しています。普段、TV放映しているのかどうかも分からないくらい野球に注目している訳ではありませんが、息子が大谷選手のファンで普段はユーチューブやゲームばっかりなのですが、この日本シリーズは一緒に観戦しています。
息子は日本ハを応援していて、2日目も大谷選手が代打で出るか?を気にしていました。ここ今治市は隣県である広島のファンが多いですが、流石に大谷選手の影響力は大きいですね。
野球を観るのは久し振りでしたが、2日連続で白熱した好ゲームで緊張感を持って楽しく観戦する事が出来ました。特に今日の6回のクロスプレーでは返球、走塁、捕殺と全てのプレイが完璧で非常に興奮致しました。結果、ビデオ判定の確認が入り、判定が覆り広島の得点が認められました。どちらでも取れるようなギリギリのプレイを改めてスローで何度も観て凄いな~と感じました。賛否両論あるようですが、私は今回のようなプレイにおいてビデオ判定が入るのは有りだと思います。頻繁に行われるのは流れも止まりますし、アンパイアの存在意義にも関わりますからどうかなと思います。
結果、このプレイで流れが広島に行き4点を追加してゲームを決めました。

話は変わりますが、今日は妻のバレーボールの大会の観戦に行ってきました。今治市のいくつかある市民組織の中の中の2部リーグで、3チーム総当りの2戦で勝敗が決まる小さな大会ではありますが、守備、攻撃と形がしっかりしていてミスも少なくなっており成長振りが見られて感心致しました。優勝したチームとはレベル差があったようですが、1ゲームをあっさり落としてから、2ゲームをデュースで勝利、3ゲーム目をデュースで落としての2位にはなりましたが、接戦を演じ立派でした。バレーボールも流れが勝敗を左右するゲームだと思います。3ゲーム目には18対15で勝っている所から逆転を許しました。大事な局面で集中はしているけれど、ガタガタ行く所でどう立て直すかですが、これが難しいですね。勝ちを意識してしまったのか、日本シリーズもそうでしたが、一つのミスから流れが相手にいってしまう事が多々あります。トライアスロンはレース前の調整、準備段階からが重要ですし、分かり難いですが、レース中の一瞬一瞬の判断が展開を大きく左右する事になります。他スポーツの観戦をヒントに勝負勘を養っていく事は大切だなと改めて感じた日本シリーズとママさんバレーボール観戦となりました。