記事一覧

皆さんこんばんは!
古山大です!
WTS横浜興奮しました!私も早く出場します!

さて、突然ですが皆さん血液検査してますか?
自身の体調を知る為にも定期的な検査は大切ですね。スポーツをする方もされない方も一度検査してみてはどうでしょうか?

私も先日血液検査を受けて結果が帰ってきました。結果は良好、貧血の疑いなし!
しかしそれだけで両手を挙げて喜ぶわけには行きません。一つ一つの値が大事なのです。
と言うわけで細かい項目も一つ一つ佐藤コーチから説明を受けていたのですが、項目の一つで佐藤コーチが「ちょっとフェリチンの値が高いね」と言っていました。見てみると基準範囲の一番上の値。異常値ではないのですが、確かに高い。
そもそもフェリチンとはなんぞや?と言うことで調べてみるとFe、、って鉄じゃん( •̀ㅁ•́;)。血清鉄ともいうらしく、私はこの値がなんか高いと。

、、、つまり鉄が多い訳ですね。体の中に。なるほどなるほど。ってことはですよ。もし、強力な磁石を近づけたらくっつくんじゃないんですか!?体に!ってことはですよ?!それを利用すれば前走者に簡単についてい行くことも夢ではないかも。。!これは名案だ!
よし、明日早速こっそり平松さんの背中に磁石貼り付けて実験だ、、!

って事を田中選手に名案だ!って話したんですが、
「そんなわけないじゃないですか。」
って一蹴されました。笑
流石、もう私の扱い方をわかってらっしゃる。。(-_-;)

結局自宅にあったローラー台用の割と強めの磁石もくっつかず(当たり前)、私の「磁石の力で楽をしよう大作戦」は失敗に終わりました。。
今回の実験でわかった事はこんなアホらしい事考える間に練習した方がよっぽど良いってことでした。

以上!明日もまた練習です!
それではまた来週!

46

ファイル 2418-2.jpeg

弊社トライアスロン部Blogをご覧下さる皆様、今晩は🎏。
今週は21だったり20だったりと数字に纏わる内容が半分でした。
今日の数字、何だと思いましたか?
さて、久し振りに調整から頭を悩ませて迎えたレースが終わりました。出場がギリギリになりましたが30人を越える社員の多くが「今日のレースは見応えありましたね💓」と満足げにお帰りになりました。
私もそれほど話す事がないのですが、今日は多くの応援団と談笑しながら控室から出てくる石塚選手を待ちました。
レース同様にようやく繋がった気がした充実した時間を過ごせました。

明日、世界トライアスロンシリーズ横浜大会!

皆さんこんばんは、佐藤です。
明日は、世界最高峰のトライアスロンレース『世界トライアスロンシリーズ横浜大会』が横浜市の山下公園周辺で開催されます。女子、男子共にNHKのBS-1でライブ中継されます!

大会名の通り世界7カ国で8戦開催されるシリーズ戦となっています。アジアでは唯一ここ日本の横浜での開催のみです!最終戦のオーストラリアのゴールドコースト大会がグランファイナル大会で、年間チャンピオンが決定します。今年も世界各国から強豪選手が集結しており、男子は現在のランキングリーダーのマリオ・モーラ選手(スペイン)、リオオリンピックで銅メダルを獲得したヘンリ・スクーマン選手(南アフリカ)など、錚々たるメンバーが集結しています。本人からのブログでもありましたように、石塚選手も日本代表として出場します。

この世界トライアスロンシリーズの出場条件は希望選手の中でワールドランキングの上位からエントリーされていき、人数に達した場合はランキング下位の選手は、ウェイトリスト上に名前が載ります。エントリー選手の中からキャンセルが出ると、ウェイトリストの最上位選手からエントリーされていきます。最終的にレース前の月曜日にスタートリストが公式に発表されますが、石塚選手は丁度このタイミングでウェイトリストから繰り上がる事ができました。昨年はこの状態のままで出られなかったので、良かったです!私も現役時代、何度もウェイトリスト上に名前が載ってしまい、出られる?出られない?の狭間で苦悩していました。

この様な状態でしたので、近隣営業所への応援依頼もしていなかったのですが、今週に入ってから横浜エリアの4拠点に応援依頼した所、31名もの社員とご家族がお集まり頂ける事になりました。いつも有難いです!石塚選手には昨年分の気持ちも乗せて頑張って貰いたいと思います!

大会HP
https://yokohama.triathlon.org/

テレビ放映
https://www1.nhk.or.jp/sports2/etc/

女子は10時06分、男子は13時06分スタートです!

石塚選手、日本チームへのご声援を宜しくお願い致します!

完成!!

ファイル 2416-2.jpg

 皆さんこんばんは、選手の為にまさしく「身を削って」頑張っている平松です(笑)
傷の治りが遅く、ちょっとした擦過傷でも跡が残る身体になったというのに、困ったものです…
 そして、男子陣と練習する機会が増えた為か、久し振りに身体の動きがおかしく感じる様になり
マッサージに行ったら「しばらく動くのは控えた方が良さそうなぐらい張ってますよ」と言われてしまいました。
選手時代と同じぐらい、アフターケアに努めないといけないなと感じています。

 さて、話は変わりますが、作成中だった今年度の機関誌が完成いたしました。
毎年お送りしている方々への配送作業も完了したので、明日にはお手元に届く方もいらっしゃるかと思います。
20周年記念がメインの内容ですが、毎回、どんな面白い内容にするか、やる気満々でブログを
作成している古山選手の特集もあります。
お手元に届いた方は是非ご一読して頂ければと思います!!
 

横浜に行ってきます。

明日から行ってきます。だいたいの状況は古山選手が書いてくれましたが、昨年はあと一人キャンセルが出ればのところでダメでしたが、今年は運も重なり、滑り込みで出場出来る事になりました。
特に先週は、平松コーチと古山選手が身を削ってまで?練習に付き合ってくれました。後輩の1週間練りに練った作戦とやらもすぐに分かりましたが、ますはそこまで考えて一緒に練習してくれた事が有り難い限りです。
あとは自国開催の世界選手権なのでメリットをフルに活かせればと思います。