記事一覧

暑さ

こんばんは、高橋です。
リフレッシュ期間が終わり、今日から後半シーズンに向けた練習が始まりました。この時期はやはり暑さとの戦いで、外に出れば「暑い…」の二文字で頭がいっぱいです。特にランはバイクと違ってあまり風を受けないのでジリジリとした暑さが襲い、汗を沢山かきます。私は、中学生くらいまではほとんど汗をかかないタイプでした。中学の時、雨の日は校内で時間走をするのが部活のメニューだったのですが、走り終わった後他の選手は汗びっしょりなのに自分だけかいていなくて、顧問の先生に練習をサボった疑惑をかけられたことを今でも覚えています(笑)ところが、高校、大学と徐々に汗をかく量が増え、初めて水滴のような汗が自分の腕に広がっているのを見たときは衝撃で、好きだったものが食べれなくなったり、苦手だったものが食べれるようになったりするのと同じで、体質は変わっていくんだなと実感した瞬間でした。そんな、あまり汗をかかなかった私は水分補給を氣にしたことがなかったのですが、発汗量が増えた今は水分補給がとても重要なので、ドリンクの種類や温度、摂取量を考えてとっていきたいと思います。

Edomonton150

ファイル 2211-3.jpgファイル 2211-4.jpg

弊社トライアスロンBlogご覧下さる皆様、今晩は🌃。時差の関係上、この様な冒頭挨拶も残すところ今日と来週になりました。
6/23に今治を出発。7月の便りを聞きながらリヴィーニョでの雪。間も無く8月🍉になります。40歳にして四国に移った当時、知人から御坊様の修行を例える様な私の人生を俳句のように言われました。今でも、変わらず・・・・💧。良いのか悪いのか?。元々、世界を見聞する事に憧れを持っていましたので(幼少期の話ですが)、願ったり叶ったり何でしょうね。
今年はエドモントン150周年記念にあたるという事で、150という数字が目につきます。お土産屋さんだったり、コラボレーションされた『限定品』が気になっております。人生の折り返しを過ぎておりますが、記憶に残る指導者になる人生勉強をまだまだ続けて参ります🐫🏜✈️。150の誘惑が心配。

ひと段落

皆さん、こんばんは。
先週の大会で女子2名の前半戦がひと段落し、現在の練習は量、質を落とし心身の回復を優先させています。連戦で蓄積された身体へのダメージから、私もしばらく体調不良が続いた経験が有りますので、ここは慎重にしていきます。土、日もFreeとしていますので、旧友にあったり、家族との時間を過ごしたりと、各々でリフレッシュを図って気力充実した状態で練習に挑めるような時間にして欲しいと思います。

日曜日は愛媛で歴史のある第23回大洲ジュニアトライアスロン大会に長男も参加するので観に行ってきます。徳島出身の細田雄一選手が初めてトライアスロン大会に参加したのが、小学校5年生時のこの大洲ジュニアトライアスロンだったみたいです。ロードバイクはもちろんまだ持っていませんので、大会側で用意が有る貸し出し用のマウンテンバイクをお借りします。先着順ですが24インチ、26インチの合計50台も用意があるようですので、問題なく借りれると思うのでとても助かります。この時期は身体の成長が早いので、直ぐにサイズ合わなくなっちゃいますからね! 水着とランシューズが有れば、トライアスロンデビュー出来ます。ぐっと敷居が下がって良いですね。確かママチャリでも出られます。水泳を習っている小さなお子様がいる保護者の皆様、是非来年以降の参加を検討してみて下さい!

大洲市役所HP
http://www.city.ozu.ehime.jp/soshiki/bunkasports/23465.html

初レース

ファイル 2209-2.jpg

 皆さんこんばんは、平松です。
 先週末は地元今治の伯方島で行われたレースに選手として参加してきました。
今季はこのレースが初トライアスロンだった上に、断トツで勝たなければならないという使命まで背負っていたので、
本当にレース前は緊張していました。
あんな感じで緊張したのは、骨折から復帰したレースで最初の「勝たなければならないレース」の時、以来でした。
レース自体は、瀬戸内の島だからこそ見られる風景と、感じられる雰囲気の中でやる事が出来たので、
苦手なスイムを上がってからは余裕を持って楽しむことが出来ました(笑)
最後まで油断は出来なかったので、どれだけタイム差がついても100%安心する事は出来なかった上に、
実際、かなり余裕をもってスタートしたはずのラン終盤に脚の踏ん張りが利かなくなってくる事態になり、
やはり突貫工事で仕上げた身体ではこの辺りが限界なんだなと、情けなく思う場面もありました。
ただ、最後まで感謝の気持ちとレースを楽しむという事は出来たので、良かったと思います。
そして何より、遠くから来てくれた奥さんとご両親に醜態を晒さずに済み、楽しんでもらえたのでホッとしております。

 この場をお借りして、素晴らしい大会を開催して頂いた関係者の皆様に、心よりお礼申し上げます。

前半戦6戦終了

ファイル 2208-2.jpg

ブログをご覧の皆様、こんばんは、田中です。
6月10日の愛南大会から始まった、前半戦6戦も23日に行われたえひめ国体イベント事業の伯方島トライアスロン大会で無事に終わりました。
初の4連戦やアジアカップなど初めての事ばかりで、とても充実していました。また、毎週レースがあったのであっとう間に6戦が終わったように感じます。
今回のレースはえひめ国体イベント事業という事で初の伯方島でのトライアスロン大会が開催され、愛媛県出身の私にとって今回ローカル大会とは言え、優勝することができ特別な大会になりました。
これからはひと段落したので、後半戦に向けての強化期間に入ります。前半戦での課題や苦手に挑戦してさらなるレベルアップを目指して日々頑張りたいと思います。