About a triathlon

 トライアスロンとは、水泳・自転車(バイクという)・ランニングを連続して行う競技です。1974年にアメリカ西海岸カリフォルニア州サンディエゴで初めて行われたといわれています。

 またその数年後、ハワイで行われていた3つのビックレース、ワイキキラフウォータースイムとオアフ島周回バイクレースとホノルルマラソンの3つを一緒にやったらどうか、という話が持ち上がり、1978年、トライアスロンの代名詞ともいえるアイアンマン(鉄人)レースがハワイ・オアフ島で初めて行われました。 現在では、アイアンマン世界選手権として世界各国から1,000人以上が集まるこの大会も、最初はたった15人の参加人数でのスタートでした。

 その後1980年前後のフィットネスブームに乗ってトライスロンは急速にワールドワイドなスポーツへと変貌を遂げていきました。今日では、世界100ヶ国を超える国々でトライスロンのレース・イベント等が行われています。 国内においては、1981年に鳥取県皆生温泉で初めてトライアスロンが行われました。

 トライアスロンが始まった当初は、スイム3.8キロ、バイク180キロ、ラン42.195キロの「アイアンマン」が主流でした。 しかし、レースの普及とともに、より参加しやすいバランスの取れた距離が検討され、現在ではシドニーオリンピックでも採用されたスイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロのトータル51.5キロの『スタンダートディスタンス』が主流となっています。また、エリートレースでは『スタンダートディスタンス』の半分の距離の『スプリントディスタンス』やさらに短距離の『スーパースプリントディスタンス』の開催も多くなってきており、よりスピードが求められるようになってきています。
また、2020年東京オリンピック大会からは男子選手2人、女子選手2人の4人の選手で行う『ミックスリレー』が採用になり、競技として新たな進化を遂げています。

 一方で、最近では既存の距離・運営方法・ルールにとらわれず、する人(選手)も見る人(応援)もより楽しめるレースが増えてきています。自然や地域の人との一体化、多くの声援の中、自分と戦いゴールを目指す醍醐味、ゴール後の満足感、新しいスポーツとしての可能性、そして何より、バランスの取れた健康な体でいられること、このスポーツの持つさまざまな魅力を少しでも多くの人に知って頂けたらと思います。

Present status of a triathlon

 1989年に設立された国際トライアスロン連合(ITU、本部:スイス・ローザンヌ)の活動でトライアスロンは近代スポーツのひとつとして世界各国に普及し、現在、ITU加盟国は約170か国(2017年)になります。特に、ヨーロッパ、オセアニア各国では国民的スポーツとして認知され、世界のトップレベルの強豪選手を輩出しています。  

 また、日本国内では、1994年に日本トライアスロン連合(JTU)が設立され、国内の普及活動が行われるようになりました。日本国内の大会は、公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)が管轄する大会と都道府県競技団体等の関連するものに分けられますが、大会イベントの総数は両者を併せて、約300大会(2018年度)にのぼります。47都道府県全てにおいてトライアスロン(アクアスロン、デュアスロンを含む)大会が開催されており、2016年からは国体正式競技となりました。
また2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックから正式競技になったパラトライアスロンも同じ競技団体で統括をしています。

 現在、国内愛好者の数は約37.5万人、JTUへの登録者数は約3万人に上ります。JTUでは世界と戦える選手の強化と愛好者拡大・普及の両面に取り組んでいます。トライアスロンの競技者はトップ選手(エリートカテゴリー)と一般選手(エイジカテゴリー)に分けられ、出場できるレースも分けられます。トップ選手は、各々の世界ランキングを上げるべく国内外のコンチネンタルカップ、ワールドカップ、世界トライアスロン選手権シリーズなどのレースを転戦します。  

 また、普及活動としては、JTUでは2020年までに大会数約500大会、愛好者数50万人、登録者数約5万人2023年からの高校総体(インターハイ)への参入を目指しています。現在は、全国高校生選手権として京都南丹市で開催されております。  

 ジュニアやキッズの大会・講習会も各地で開催されており、毎年、国営昭和記念公園でオールキッズトライアスロン大会が開催され、全国から集まった小学1年生から中学生までの多くの子供達がトライアスロンを体験して楽しみ、又、日頃の成果を出す目的で参加しています。一般向けのトライアスロン体験会や講習会はJTU主催で行われているものの他に、各都道府県トライアスロン競技団体等が主催して行われているものも多数あります。

【2019年世界選手権シリーズプロモーション:1分14秒】
 https://www.triathlon.org/multimedia/video/2019_itu_world_triathlon_series_season_promo

【2018年世界トライアスロングランドファイナルハイライト:2分59秒】
 https://www.triathlon.org/multimedia/video/2018_world_triathlon_grand_final_gold_coast_highlights

Support Company
  • FOCUS グローブライド
  • 岩井商会
  • Vittoria
  • アディダス・アイウエア マスターズアイプロテクションジャパン
  • Kabuto
  • メイストーム
  • Aggressive Design
  • 株式会社ビーアンドエスコーポレーション
  • ASICS
  • スポーツアシスト
  • イシダスポーツ
  • 清正之湯
  • ワールドウイング松山
  • 松山シーサイドカントリークラブ
  • B-shop OCHI
  • hana鍼灸マッサージ治療院
  • 凸版印刷
  • タローパワープロダクト
  • マジカルサイト