記事一覧

2年ぶり

 弊社トライアスロン部ブログをご覧下さる皆様、今晩は!
連休明けから宮崎で行なわれている、U23ナショナル強化合宿サポートに来ております。例年今頃は季節先取り!といった感じで夏のような日差しにまいることもありましたが、今回に限っては寒くて寒くて暖房を止めれない状況です。
 さて、このU23合宿は2年前に小林君が参加した時に視察に来た以来です。当時の小林君は、入社と同時に強化指定の記録を突破し選ばれました。今はそれほどの選手が転向してくるようなことはありませんが、次世代はランニングの強化も少しずつですが戦えるようになってきました。2年前を思い出しながら、次世代選手を楽しみにしています。

あれから1年

こんばんは、佐藤です。
明日、愛媛県宇和島市でJTU認定記録会があり、田中選手が参加します。初めて参加した認定記録会から約1年が経ちました。現在、JTUのエリート強化指定選手制度では、O指定、A-1指定、A-2指定、B指定、C指定の5段階にレベル分けされており、一番下のカテゴリーのC指定の認定基準の中に、明日出場する認定記録会も対象となっており、基準タイムをクリアすればC指定選手に認定となります。

トライアスロン3種目ある中で、2種目の評価での認定に賛否両論はありますが、現在の認定記録会や、更に上の評価を得られる強化記録会での成績が、トライアスロンでの成績と大きくかけ離れている訳ではないですし、トライアスロン選手の発掘においても有効的な手段であり、選手の基本的な能力、体力を評価するのには良い方法の一つであると思います。

この強化指定選手の認定を受ける事で、JTU公式大会への参加資格や、強化合宿への参加が認められます。また、エリートレースの場合、強化認定を受ける事が出来れば所属チーム名を表記する事が出来ます。受けていない場合は、所属協会名になり、愛媛では愛媛県トライアスロン協会が所属表記となります。実業団に所属していますので、なるべく早くチーム名を表記出来るようにしなければいけません。かくいう私も2008年、強化指定選手を外れてしまい、その年に日本選手権2位に入りましたが、所属表記が愛媛県トライアスロン協会という事で、メディア媒体に多く載ったにも関わらず『日本食研』が載らない事態に陥ってしまい、苦い思い出となっており深く反省しております。

高校卒業後に他競技から転向し、まだ簡単に突破できる状態までには仕上がっておりませんが、次に繋がるよう明日は1年間の成長ぶりをしっかりと発揮して貰いたいと思います。

プールサイド

 皆さんこんばんは、平松です。
 今シーズンからコーチ業がメインになった為、ペースメーカー等で一緒に練習をするバイクやランと違い、
スイムは泳ぐ事が殆どなくなり、タイムの計測や記入が主な仕事になっています。
これまでは泳ぐ側だったのでわかりませんでしたが、プールサイドで短くても1時間、長い時は2時間以上
スタッフ側は立っているので、とにかく脚がむくみます。
私の右脚は、骨折の影響で筋肉のポンプ作用が弱いので特にむくむ為、常に動かすようにしています。
動かすと言っても、選手のサポートをしている時に走り回る訳にはいかないので、その場で出来る運動をします。
最初は色々とやっていたのですが、レパートリーはたかがしれているので、段々と飽きてきます。
 スタッフも練習の時は、プールサイドで毎回ちょっとしたキツさを味わっているのだと実感している毎日です。
これから気温も上がって来ると、今度は暑さも敵になってきます。
プールサイドでの苦労だけではなく、これからもしばらくはスタッフの大変さを学ぶ事が多いと思いますが、
良い人生勉強だと思って、しっかりやっていこうと思います。

機関紙撮影

ブログをご覧の皆様、こんばんは、田中です。
今日は弊社の庭園で機関紙撮影をしてきました。
昨日は不安定な天気で、今日の機関紙撮影は心配でしたが、無事に晴れてくれ素敵な写真がたくさん撮れたと思います。
撮影中ちょうど一年前のことを思い出しました。慣れないバイクジャージや実業団選手というのを実感したり、ワクワク感や緊張感、慣れないことばかりで戸惑ったりと色々なことを感じたのを覚えています。
昨日は復習も兼ねてどんな風に撮ったのかなと昨年の機関紙を見直しました。
どの写真が採用されるかは、機関紙が出来てからのお楽しみです。
色々な良い写真が撮れたと思うので機関紙の仕上がりが待ち遠しいです。
今年の機関紙も多くの方に見ていただき、弊社やトライアスロン競技に興味を持っていただけたら嬉しいです。

雨の功名

こんばんは、高橋です。
今日の今治は生憎の雨模様でした。
生憎という言葉をつけてしまいましたが、花粉症の私にとって空氣中の花粉を落としてくれる雨は有難い存在でもあります。ただ、調べてみると雨の日に症状が悪化することもあるようで、原因としては、花粉症は花粉を吸い込んですぐに発症するわけではないということや氣圧の変化などが挙げられます。原因の1つ目については、アレルギー反応を起こすまでの時間は人それぞれ異なるため、雨が降る前に吸い込んだ花粉によって雨の日に症状が出るということもあるのです。また、氣圧の変化とは、氣圧が下がる雨の日はアレルギー反応を引き起こすヒスタミン物質がたくさん分泌されるというわけです。私自身は今のところ雨が降ると症状が軽くなるので、この時期の雨は味方だと思って過ごします!ただし、雨が降った翌日は地面に落ちた花粉が一斉に空中に舞うため、明日は覚悟して起きます(笑)