記事一覧

長野合宿スタート

ブログをご覧の皆様、こんばんは、田中です。
士別合宿終了後、あっという間に9月になり4日からは長野合宿がスタートしました。
合宿は今日で3日目を迎えました。朝から雨が降ったり止んだりで肌寒い1日でした。
今年から宿舎も変わり、練習会場への道のりも違うので新鮮な気持ちで練習に取り組めています。
明日は信越五岳約100キロのロングライドに行ってきます。長野ならではの山岳の地形を活かしたライドなのでワクワクした気持ちと苦手な登りがメインのコースなので、しっかりと向き合いたいと思います。
この恵まれた合宿環境に感謝し、レースで良い結果が残せるようにしっかりと練習を積んでいきたいと思います。

W杯カルロヴィヴァリ

こんばんは、高橋です。
先週日曜日、チェコのカルロヴィ・ヴァリで行われましたW杯に出場してきました。
結果は21位でポイントも獲得できず、レースの難しさを痛感しました。バイクが特にタフなコースでしたが、斜度の最もきつい坂の沿道では鼓笛隊が前を通る度に氣迫のこもった演奏をしてくださり、そのおかげで7回の急坂を上り切ることができました。満足のいくレース内容ではありませんでしたが、私もそんなふうに周りに力を与えられるような存在になりたいと感じたレースでした。

北海道士別市朝日町

こんばんは、石塚です。
士別市内から朝日町に移してからは、バイク練習に多くの時間を割いていました。殆ど雨に打たれず、恵まれた天候で行えているので助かっています。
バイク練習中は目的地を変えて、色々な方面に向かっていますが、道中必ず自転車やバイクに寝袋を積んで旅をしている人達にすれ違います。私も学生時代の長い夏休みを使って、レンタカーで北海道一周なんかしてみれば良かったと今になって後悔しています。

姉妹都市

ファイル 2239-2.jpgファイル 2239-4.jpg

弊社トライアスロン部Blogを御覧下さる皆様、土曜日の夕方いかがお過ごしでしょうか?チェコ共和国は日本時間マイナス7時間です。只今、土曜日の朝を迎えました。
ドイツ・ニュンベルグから陸路🚘で2時間弱。空港到着が22時でしたので宿舎前に着いたのが日付をまたいでおりました。ネオンこそ今風?に近い街にみえましたが、なんとなく嫌な予感が・・・。予約した宿舎には入れませんでした。見かねた送迎担当者がホテルを探して案内してくれたお陰で、野宿する事なく熱いシャワーとベッドで一夜を過ごす事が出来ました。翌日、予約した宿舎に移動し体調を整える時間が取れ一安心しました。
初日のトラブル以降は比較的順調です。日本はまだまだ暑い(今治の話)ですが今夏はお陰様で暑さを避けて過ごせています。オイルヒーターを着けて暖をとる様な生活を送っています。
街並みですが、我々が泊まっている場所は温泉街の入り口にありました。ヨーロッパ特有の街並みを奥に向かって歩くと🚶🚶‍♀️見覚えがある様な光景でした。日本の温泉街。松之山温泉ではありません。
草津に似た景色がそこにありました。調べてみると姉妹提携を結んでいました。滅多に訪れることが出来ない異国が草津に似ているとは・・・。
大学の夏合宿以来、行けていませんが走った身体を癒しに通った記憶がチョッピリ思い出されました。温泉町や学生時代を懐かしく感じるって、やはり歳のせいでしょうか?
秋に気配先取りといった感じですので先ずは成果に繋げて、のんびりする時間も作りたいと思います🍁
画像はプールの建物です。異国情緒タップリでしょうか⁉️

あなたはどっち派?

 皆さんこんばんは、平松です。
 暑さを覚悟して今治に戻ってきましたが、風は少し秋らしくなってきましたね。
もちろん北海道に比べたらまだまだ日中は暑いですが、思ったほどではありません。

 本日は8月31日です。何の日かというと…

そう!!小中学生は夏休みの最終日です。

夏休みと言えば「大量に出される宿題」が悩みのタネだったのではないでしょうか?
私も小学2年生までは、遊び優先でひと夏を過ごし、29日あたりから半泣きで殆ど終わっていない
宿題をやっていました。
しかし、3年生になってからは「あんな苦しい思いを最後にするぐらいなら、最初に苦しんでおいた方が絶対に良い!」
と、思って終業式から帰ってきたらそのまま机に直行して、最初の3、4日で漢字や算数のドリル系や、
読書感想文などを終わらせるようにしました。
めちゃめちゃキツかったですが、「今、苦しんでおけば後が楽」と頭の中で唱え続けて
ひたすらやっていたのを懐かしく思います。

 皆さんが子供の頃は夏休みの宿題、「先にやる派」と「後でやる派」、どちらでしたか?
「計画的にやっていた派」の方、私が子供の頃なら尊敬に値する存在です(笑)
結局、毎日コツコツやるのが一番だと大人になったら気が付くのでしょうが、子供にそれを
理解するのはまず無理でしょうね。
このブログを書いている現在も、全国の小中学生の一部は半泣きになって宿題をやっているのでしょうね。
陰ながら応援だけしておきます(笑)

 題名が「あなたはどっち派?」という事で、いったい平松は何をテーマに書いているんだ?
と思った方もいらっしゃるかと思います。
もし私がこんな題名のブログを見たら間違いなく、お菓子の「たけのこの里派」か「きのこの山派」かの
内容だと思ってしまいますね。
因みに私は生粋の「たけのこの里派」です。

 変な締め方になってしまい大変申し訳ございませんでした!!